Work LIFE

ライター

転職エージェントを100%活用する方法

転職を考えているそこのあなた!!
転職を成功させたいですよね。
希望の転職先から内定を獲得したいですよね。

そんなあなたにとって心強い味方がいるのです。
転職エージェントです。
担当のキャリアコンサルタントと二人三脚で転職エージェントを100%活用しましょう。

転職エージェントを活用する3つの理由

1.非公開求人情報を教えてもらえる
2.希望業界や企業に合った対策(履歴書・職務経歴書・面接)ができる
3.年収アップ交渉をしてくれる

1.非公開求人情報を教えてもらえる
転職エージェントが保有している非公開求人情報は、私たちの想像以上です。
一般では知る由もない求人情報を得ることができます。
転職エージェントには、2、3社登録すると良いでしょう。
転職エージェントによっても保有する求人情報数や種類が異なるためです。

2.希望業界や企業に合った対策(履歴書・職務経歴書・面接)ができる
大企業であれば、大企業であるほど、選考を通過した人材のデータ、面接官の年齢やポジション、面接で質問されたことなど多くのデータを保有しています。
希望業界や企業に合った対策(履歴書・職務経歴書・面接)ができると、効率的に転職活動を進めることができます。

3.年収アップ交渉をしてくれる
人によっては直接自分で行なうのは抵抗がある年収アップの交渉をしてくれます。
通常、求人票には月収○○万円~○○万円とふり幅が設けられています。
そのあいだで、ときにはそれを超えた金額で交渉してくれます。
キャリアコンサルタントは、年収交渉も慣れているので、上手く進めてくれることでしょう。

f:id:kanaseToyama:20180402143909j:plain

転職エージェントを使いこなすポイント

1.2週間に1回は連絡を入れておく
2.経歴やスキルに嘘をつかない
3.推薦文は必ず確認する

1.2週間に1回は連絡を入れておく
キャリアコンサルタントは、企業から依頼を受けるとデータベースの中から条件を絞って、応募者を探すのですが、この時の表示順番が「更新日」、つまり最後に連絡をとった日なのです。
更新日が古いと、すでに転職を決めた可能性が高いと判断される可能性が高いので、連絡を怠っていると後回しにされてしまい、いずれ案件紹介メールが届かなくなります。

2.経歴やスキルに嘘をつかない
キャリアコンサルタントとの信頼関係を築くことは重要です。
経歴やスキルに嘘をついてはいけません。
嘘がばれたときに内定取り消しになる場合もあります。
その後、その転職エージェントを利用しにくくなるでしょう。
本音で転職活動に臨みましょう。

3.推薦文は必ず確認する
ほとんどの場合、担当のキャリアコンサルタントがあなたを200~1000字で紹介する推薦状を書きます。
しかし、優秀でないキャリアコンサルタントは、経歴をそのまま書き写すだけの場合もあります。

そこで「面接時に相違があると困るのと、客観的に改めて自分を見直したいため、書いていただいた推薦文を拝読させていただけませんか?」
とメールを送りましょう。
どのような推薦状を書かれているかチェックできます。

f:id:kanaseToyama:20180402143946j:plain

担当キャリアコンサルタントと合わない場合

担当キャリアコンサルタントであれば抵抗なく担当を変更しましょう。
キャリアコンサルタントとは二人三脚で転職活動を乗り越えていかないといけません。
相性が良くないと上手く進められないでしょう。
安心してください。
多くの転職エージェントはインターネット上で変更することができます。

転職エージェントで気をつけること

同じ案件に複数の転職エージェントから応募しないように気をつけましょう。
企業・転職エージェントから不信感を抱かれてしまい、自分が応募した企業もきちんと管理していないのかと管理能力を疑われてしまいます。

内定が出たら、他の転職エージェントに話を聞きに行く

内定が出たら客観的に自分に合っている会社なのか転職のプロの意見を聞きに行きましょう。
内定が出た転職エージェントならば、推薦してくることでしょう。
そこで、他の転職エージェントなのです。
客観的な視点で判断してくださいます。

また、内定を獲得したという余裕から転職活動を楽な気持ちで受けることができます。
新たな良い求人と巡り合いがあるかもしれません。
転職エージェントには正直にすべてを話しましょう。
担当のキャリアコンサルタントは、あなたの味方です。

まとめ

転職エージェントを100%活用する方法をご紹介しました。
キャリアコンサルタントは、転職のプロで膨大な知識をもっています。

例えば、「○○会社のようなベンチャー企業でフラットな会社でマーケティング職を希望しています。」
という漠然とした希望でも見合った求人情報を提案してくれます。

キャリアコンサルタントとは、丁寧に迅速に対応するようにしましょう。
遅くともその日中に連絡は返しましょう。
キャリアコンサルタントと良い関係を築くために、
キャリアコンサルタントから信頼を勝ち取ることも大切です。