Work LIFE

ライター

転職エージェントの担当者を変えたい

転職エージェントの担当者との相性は大切

転職エージェントに登録して、転職活動をスタートしたはいいものの
なんだか担当者の方とスムーズにコミュニケーションがとれない。。。

なんか、相性がよくないな~。
f:id:kanaseToyama:20180309102706j:plain

そんなことを感じていらっしゃる方がこの記事を読んでくださっているのでしょう。

そういうときは、迷わず担当者を変えましょう。
転職エージェントにもよりますが、ネット上で変更できるケースが多いです。

担当者に気を使う必要はありません。
担当者を変えることは、お互いにとってベストな選択です。

もし、メッセージが必要ならばこのように記述しましょう。

【担当変更メール文面例】

いつも大変お世話になっております。

現在転職の支援をして頂いている○○と申します。
現在、ご担当者の○○様には大変丁寧にご対応頂いており感謝をしておりますが、
転職活動が初めてで不安が大きく、他の方のご意見も是非お伺いしたいです。

もし可能であれば、
現在志望しております○○業界に詳しいアドバイザーの方と
一度お話をしたく考えております。
大変お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

(引用:http://career-theory.net/job-change-rakuten-23856


担当者とうまくコミュニケーションをとるためには

転職エージェントの担当者とうまくコミュニケーションをとりたいものですよね。
転職活動もうまく進んでいきます。
うまくタッグを組むために3つのポイントがあります。

f:id:kanaseToyama:20180309103300j:plain

  1. メールはその日中に返信する
  2. 連絡の内容は丁寧にする
  3. エージェントにはすべて伝えておく

まず、メールはその日中に返信しましょう。
もし、あなたが担当者だったらと想定してみてください。

メールをすぐに返信してくれるAさんと
メール返信が3日後のBさんとではどちらに親身になるでしょうか。

担当者の方も人間なので、「感情」が入ってしまうこともあるでしょう。
転職者ができることは誠実に丁寧に対応することです。

あと、たまにあるようですが、
転職エージェントを複数使っているのに
1つしか使っていないと嘘をつく方がいらっしゃるようです。

嘘をつくことはよくありません。
複数転職エージェントを利用することはよくあることなので、
気を使う必要はありませんよ。

転職エージェントの担当者とは同じチームだと考えてください。
同じチームだと円滑にメールを返信したほうがいいですよね。
すべて伝えることも大切なことです。

転職エージェントの担当者を変えたら、
今度は良いチームになれるようにポイントをおさえましょう!