Work LIFE

ライター

【初心者ライター向け】ライティングのいろは

今回はライティングのいろはと題して、自分なりの書きやすいライティング方法を紹介します。基礎的な内容でライターを始めたという初心者向けになっています。しかし、あくまでも私のやり方のため、合う合わないかはあるかと思います。一度試してみてください。

ライティングの手順

1.構成をつくる(ポイントは、見出しは多めに)
2.ネットでリサーチをする
3.構成を修正する
4.本文を執筆する
5.推敲する(コピペチェックも忘れずに)

まずはじめに構成をつくるのですが、このときに見出しを多めにしておくとよいでしょう。無理やり文字数を稼ぐような執筆をしなくて済みます。

事前知識がなくても構成からつくります。リサーチしてから修正すればいいだけなので、問題ありません。構成は「命」です。時間をかけてじっくり考えましょう。この構成がしっかりしていると執筆が進めやすいです。

推敲では文章を音読しましょう。文章としておかしいところは読みにくいため気づきやすいです。一般的に音読をして息継ぎをしたくなるところが句読点を打つべきところだといわれています。

コピペチェックも忘れず行いましょう。意図せず文が一致していることもあります。よく使われる無料コピペチェックツールはこちらです。
無料コピペチェックツール【CopyContentDetector】
完全一致、部分一致を色分けでハイライトしてくれるためわかりやすいです。

また、クラウドワークスで一度でも発注したことのある人は、コピペチェックツールが使用できるようになります。こちらも便利なツールです。

以上が、ライティングのいろはです。基本がしっかりしていれば、文字数が増えても問題ないと思います。

有名なおすすめ書籍としては「沈黙のWebライティング」があります。実際に私も勧められて購入しましたが、分かりやすい内容ですよ。買って損はありません。

f:id:kanaseToyama:20180226111024j:plain