Work LIFE

ライター

【疑問解決】履歴書は手書きとパソコンどっちで書くべき?

こんにちは、佳菜( @k_k_kanana )です。

履歴書は手書きで書いたほうがよいのか、パソコン作成したほうがよいのか、悩むところだと思います。一枚一枚手書きで履歴書を書くのは大変です。パソコンで書けば、基本的には修正不要で何枚も作成できます。手書きとパソコン作成のメリット・デメリットを紹介します。応募企業に合った魅力的な履歴書を作成しましょう。

f:id:kanaseToyama:20180122092132j:plain

履歴書は手書きとパソコンどちらで作成してもOK

履歴書は手書きとパソコンどちらで作成しても大丈夫です。しかし、手書きとパソコンそれぞれメリット・デメリットがあるため、うまく活用したいと思います。応募企業に合わせた魅力ある履歴書を作成するためにきちんとポイントをおさえましょう。

履歴書を手書きするメリット・デメリット

まずは、メリットをあげていきましょう。手書きの方が誠実で好印象を与えられるというメリットはあります。字がきれいではなくても、丁寧さや真摯さは伝わります。書類選考での印象は良くなると思います。たまに手書きの履歴書を提出するようにと指定される場合があります。

次に、デメリットはとにかく時間がかかるということです。書き損じた場合、修正液や修正テープを使うこともできません。一から書き直さないといけないことは非常に大変な作業になります。

履歴書をパソコンで作成するメリット・デメリット

まずは、メリットをあげていきましょう。パソコンスキルを証明でき、時間の短縮になります。字に自信がない方もパソコンなら問題ありません。

次に、デメリットは、企業によっては手を抜いていると考えるかもしれません。とは言え、基本的にはどちらでも問題ないという企業が多いです。

応募先によって手書きとパソコン作成を使い分けよう

応募先によって手書きかパソコンか使い分けるのが良さそうです。どの場合は手書きか、どの場合はパソコンか、確認していきましょう。

歴史のある企業は手書きが無難

手書きの方が好ましいケースがあります。下記3つのケースです。

  1. 応募企業が歴史のある日系企業や公庁関係
  2. 面接官の年齢層が高い
  3. 事務や秘書など業務に手書き作業がある職種

手書きが誠実であるという印象を受ける風潮があるため手書きのほうが好印象になる場合があります。

また、年齢の高い方は、履歴書は手書きで書くものという認識がまだ強く残っている方もいるようです。

事務や秘書など業務上手書きで書くことがある職種は手書きの履歴書が好まれます。その点も含めて、書類選考となっている場合もありますので、特に丁寧に記入しましょう。

IT・ベンチャーの場合はPCがおすすめ

パソコン作成の方が好ましいケースがあります。下記2つのケースです。

  1. 応募企業がベンチャー企業外資系企業
  2. 提出方法がWEBやメールの場合

ベンチャー企業外資系企業の場合、手書きで書くと非効率だと思われてしまいます。手書きで書くと時間がかかります。パソコン作成したほうが作業効率も良くて、書類としても読みやすいです。そもそもわざわざ手書きで書く必要性がありません。ベンチャー企業外資系企業ではそう考えます。

WEB上やメールで履歴層を提出する場合は、パソコン作成したものを提出します。

履歴書を手書きする際の注意点

履歴書を手書きで書く場合、注意点が3つあります。その注意点は以下の3つです。

  1. 黒のボールペンで記入する
  2. フリクションボールペンは使用しない
  3. 修正液や修正テープは使わない

正式文書なので黒のボールペンで記入します。はっきり字の書けるゲルインクのボールペンがおすすめです。薄いインクだと印象は良くありません。しっかりインクの出ているボールペンを選びましょう。履歴書にも限りがあるので、書き始める前には、試し書きをした方がいいと思います。

また、便利ではありますが消せるボールペンであるフリクションボールペンは使わないようにしましょう。摩擦熱によって色が透明になるインクのため、書類選考のなかで文字が消えてしまう可能性があるためです。せっかく書いた履歴書の文章が消えてしまいます。印象が良くないのも当たり前です。

そして、修正液や修正テープは使いません。履歴書は正式文書のため書き間違えたら、書き直しが原則です。間違えた箇所に二重線を引いて訂正印を押印して修正する方法も避けたほうが無難です。時間はかかりますが、一から書き直すことが必要になります。

履歴書をパソコンで作成する際の注意点

  1. 自分に合ったシンプルなフォーマットにする
  2. 文字サイズとフォントは履歴書内で揃える
  3. 履歴書のサイズは基本的にはA4もしくはB5

Excelで作成するのが一般的です。必要最低限の項目を記入すればいいので、シンプルなフォーマットにしましょう。自分のアピールしたいところを広くとったりできます。

履歴書は見やすさが大切なのでパソコンで作成する場合は文字フォントを統一して、文字サイズは揃えましょう。印刷してきちんと揃っているか確認しましょう。文字サイズは、通常は10.5pt もしくは11pt で、アピールしたいポイントは14pt~18pt程度が適切です。フォントは明朝体で作成します。

また、履歴書のサイズは基本的にA4です。場合によっては、B5でも良いでしょう。


f:id:kanaseToyama:20180122093023j:plain

まとめ

履歴書を作成したら応募企業ごとにファイリングをしましょう。1次面接で答えたことをメモしておき、履歴書と一緒に保管しておきます。そういったことも考えると、パソコンで作成したほうが効率的だと思います。特に指定がない場合、手書きが好ましい場合を除き、パソコンで履歴書を作成することをおすすめします。