Work LIFE

ライター

転職したい!未経験の職種に転職するためのコツ

f:id:kanaseToyama:20171231162835j:plain

職種とは何か、職種分類一覧を説明して理解を深めましょう。気になる異業種のへの転職は難しいのか、転職を4つのタイプに分類して、難易度を比較しています。未経験への転職でも成功させるポイントを4つご紹介します。未経験の職種に転職したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

職種とは?職種分類一覧をご紹介

転職活動を行なうにあたって必ず耳にする言葉ですが、言葉の意味は知っているようで本当はよくわかっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。一体、職種とは何なのか、ご説明します。

職種とは何か?

職種とは、業務内容によって分けた仕事の種類のことを言います。それぞれの企業が属している業界のことを表す「業種」とは異なります。個人レベルの仕事の分類を「職種」と言います。職種を決めるときは自分のやりたいことや適性を重要視しながら、将来的に長く働けるかどうかも考慮しましょう。

職種分類一覧

さまざまな職種があります。それでは、それらをご紹介していきます。まずは、多い営業系です。他には、技術系(IT・通信)、事務・経営管理系、クリエイティブ系、企画・マーケティング・経営企画系、専門職(コンサルタント、金融、不動産など)、飲食・フード系、販売・サービス系、技術系(電気電子・機械・半導体)、技術系(医薬・食品・素材)、建築・土木系、製造・設備・運輸系、ビューティー系、医療・福祉・保育、その他(公務員、講師など)と、数多くの職種があります。

異職種への転職は難しい?転職の4つのタイプの難易度

転職には4つのタイプがあります。転職のしやすさは、次の順番になります。まず最も簡単なのが同業種同職種です。そのあと、異業種同職種、同業種異職種、異業種異職種と続きます。異業種異職種は、未経験と同義と考えても良いでしょう。

同業他社で転職するときに気をつけること

最も転職しやすいのは、同業同種ですが、同業他社で転職するときには気をつけないといけないことが2 点あります。まず、現職は円満退社をしましょう。転職先が同業他社であることは伏せたほうが無難です。同業に所属するということは何らかの形で関りをもつことがあるかもしれません。引き継ぎも丁寧に行い、円満に退社しましょう。

次に、気をつけないといけないのは、同業だからと言って上手くいくとは限らないということです。同業であっても会社それぞれでやり方があり、社風が異なります。問題なく転職をするためにも転職先の文化や仕事の仕方などのソフト面も事前に調べておきましょう。

未経験の業種・職種に転職した人はどれくらい?

2012年10~12月のデータですが、業種経験不問で転職したのは51%で、職種経験不問で転職したのは8%です。この数字は、多少の変動はありますが、2007年4~6月からずっと横ばいになっています。販売職の経験を活かして営業職へ転職したりします。他にも、営業経験を活かして営業アシスタントに転職する方や技術職の経験を活かして技術営業になる方もいらっしゃいます。

異業種の転職を成功させやすい方の特徴は?

異業種の転職は、同業種の転職よりも難易度があがります。そのなかで異業種の転職を成功させやすい方の特徴が2つあります。①転職の目的が明確である。②転職後のキャリアプランを持っている。何をしたいか、何を実現させたいか明確であると面接時でも正確にアピールすることができます。結果としてマッチング度が上がるのです。次に、転職後のキャリアプランですが、異業種の場合はゼロからキャリアが始まることもあります。イメージしにくい結果、働いてみたら思っていたものと違うということもありえます。面接でどのような経験を積みたいか明確に説明しましょう。

未経験の職歴への転職を成功させるポイント

成功させるための方法は、4つあります。①知人に紹介してもらう。②転職エージェントを活用する。③求人数が多い売り手市場に転職する。④資格を取ってアピールする。

紹介してもらえる知人がいたら幸運です。しかし、一般的なのは転職エージェントを活用することになると思います。面接の練習やフィードバックをしてくれます。その他さまざまなサービスもあるので最大限に活用しましょう。転職エージェントは、まず1社登録してみて、慣れたら、もう1社登録しましょう。より相性の良いキャリアコンサルタントに出会えます。その時に、売り手市場のことも考えてキャリア選択しましょう。資格があれば、未経験でもアピールできます。

まとめ

私自身も、同業種異職種の転職を経験したことがあります。4つのうち3番目に難しいとされている転職ですが、短いキャリアでも学んだことや得たことをアピールすると内定をいただくことができました。未経験の職種に転職したいと考えている方もぜひ挑戦してください。やりたいことであるのならば論理的に熱意をもって話せば伝わるはずです。


最後におすすめ書籍を紹介します。
このあたりの本は読んでおいて損はないと思います。