Work LIFE

ライター

ゆるりと ゆるりと

今日は、ゆるりなお話。

わたしは、大学を卒業するまで京都の田舎で育った。

そして、卒業とともに入社のため東京にいく。
そこでぽきんと折れるわけだが、
いま冷静になって考えると

「田舎のほのぼのさ」

がわたしにとってけっこう大切。

f:id:kanaseToyama:20171016133659j:plain

都会と田舎では時間がすぎるスピードがちがう気がする。
都会にいる人はきちんとした服を着て
きちんとメイクをしてまるで武装しているみたい。

f:id:kanaseToyama:20171016133626j:plain

その武装している姿に憧れたんだけど、
いまは「ゆるりと」生きていくことが大事。

いまは実家の京都の田舎に戻って、
ゆるりと過ごしている。

近所では、ちょうど田植えが終わった。
我が家でも大葉とオクラを育てている。
オクラはわたしの担当。

新鮮なオクラを少しずついただく。

◆―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
こうして、ゆるりとゆるりと時間がすぎていく。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――◆